2012年05月09日

楽匠Sを買う前に〜介護保険とは

介護用電動ベッド楽匠Sに限らず、
電動ベッドのレンタルは
介護保険が適用される場合があります。

介護度に応じて、レンタル額の1割負担で
レンタルすることができます。

介護保険制度を利用するには、
事前にケアプランの相談、作成が必要です。
該当するかどうかは、担当のケアマネージャーさんにご確認ください。


posted by 楽匠S超低床ベッド at 13:46| 介護保険とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽匠Sを買う前に〜介護ベッドの選び方・高度の方編〜

介護ベッド、楽匠Sシリーズにも様々な種類があります。
介護度や体の状態に合わせて、
適切なベッド選びをする事が重要です。


【高度(重度)介護者の方におすすめの介護ベッド】


■高度(重度)介護者の方とは…
・ほぼ一日ベッドで寝ている方
・介助をがないと動けない方


重度介護者の方も、さらなる機能低下を防ぐべく
心身機能を向上していく必要があります。
ベッドへの移乗の安全性がより求められますし、
介護をする側の腰痛対策も必要です。





被介護者自身で動くことが難しい場合、ベッドの背上げ機能を活用しましょう。
ずっと動かず寝たきりでいると、体調も悪くなったり
精神機能低下により認知症が進行する恐れもあります。
そういった機能低下の予防に、可能な範囲で上体を起こして過ごす必要があります。

背、膝部分の角度とベッドの高さが個別に操作できる
楽匠Sシリーズ3モータータイプのベッドが良いでしょう。

楽匠Sらくらくタイプですと、
●超低床20cmから65cmまでのロングストローク
●安全性を高めたセーフティーラウンドボード
●使用しないときには格納できるオプション受け

といった特長があります。
安全性を高め、介護する側の腰痛などの負担を
軽減できるベッド選びが重要です。


posted by 楽匠S超低床ベッド at 13:39| 介護ベッドの選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽匠Sを買う前に〜介護ベッドの選び方・中度の方編〜

介護ベッド、楽匠Sシリーズにも様々な種類があります。
介護度や体の状態に合わせて、
適切なベッド選びをする事が重要です。


【中度介護者の方におすすめの介護ベッド】

■中度介護者の方とは…
・普段から介護用品を使っている方
・介助をされながらの寝返りや立ち上がりが可能な方
・自身で車椅子を動かせる方


普段の生活の中で手を貸してもらうことが多い方は
できるだけご自身の力で動けるように改善していく必要があります。




楽匠Sシリーズのベッドの背上げ機能を活用します。
背上げ部分の角度を変える事で
起き上がりの訓練が可能になります。
また、何かものを取るときに体制を崩したり
ベッドから転落してしまうことを避けるため、
ベッド周りに必要最低限のものを置いておくと良いです。

普段車椅子生活をされている方は
足のむくみに悩まれている方も多いです。
むくみ改善には、楽匠Sシリーズの
ベッドの足上げ機能を使うとよいでしょう。


posted by 楽匠S超低床ベッド at 13:35| 介護ベッドの選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽匠Sを買う前に〜介護ベッドの選び方・軽度の方編〜

介護ベッド、楽匠Sシリーズにも様々な種類があります。
介護度や体の状態に合わせて、
適切なベッド選びをする事が重要です。


【軽度介護者の方におすすめの介護ベッド】

■軽度介護者の方とは…
・用具を使っての自立、歩行可能な方
・寝返りが自分で出来る方



起き上がり、立ち上がりの
支援ができるベッドを選びましょう。

・スムーズに起き上がれるよう背上げ機能がついている
・体位を安定させるため、介助バーがあるとなお便利





楽匠Sシリーズ付属の
「液晶表示機能付き手元スイッチ」を使用しましょう。
このスイッチの画面には背上げ角度、ベッドの高さが
数字で明確に表示されます。
そのため、被介護者の体に適した位置を
家族や介護者全員が再現できます。

posted by 楽匠S超低床ベッド at 12:05| Comment(0) | 介護ベッドの選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。